土壌イベントサポーターAbout
今すぐ行動しよう

土壌に備わる驚異の力

死を生へと転換させる唯一の驚異的な物質

サドグル


土壌を救う運動は、世界中の人々の人間性を結集させて、土壌にを備わる驚異的な力を蘇らせるためのものです。

Watch The Save Soil Documentary

What is soil
私たちの多くは気候変動、二酸化炭素放出大気汚染水不足といった言葉や概念はよく知っていると思います。しかし、土壌に意識を集中して考えたことのある人は僅かしかいないでしょう。何千年もの間、地球上の生命は地球を取り巻く薄い肥沃な土壌によって支えられてきたのです。

しかし
、土壌とは何でしょうか?土壌は何をするのでしょうか?

以下のクイズを通して探ってみましょう。

質問です。 1 / 6

土壌は______です。

地面から伸びる苗木

土壌は生命の基盤です。しかし...

農業や森林伐採その他の要因で、表土の劣化や侵食が危機的なスピードで進んでいます。世界全体で見ると、農地の52%がすでに劣化しています。地球は危機に瀕しています。もし、土壌の劣化が現在の速度で続けば、私たちが知っている生命は終焉をむかえるでしょう。

Soil desertification

とてもひどく劣化しています

劣化が進んでいます

安定性

植生がない

地球は危機的な状況にあります。

Crisis

食糧危機

20年後には食糧生産量が40%減少すると予測されているのに、93億人を養わなければなりません。

土壌が劣化すると作物の栄養価も下がります。今日の野菜や果物は、すでに90%も栄養が劣っています。

20億の人々が栄養失調にさらされ、さまざまな病気の原因になっています。

Crisis

水不足

枯渇した土壌は、水の流れを吸収し、調節することができません。

保水力の欠如が水不足、干ばつ、洪水を招きます.

土壌中の有機物質は、極めて高い保水性を持ち、保水した水を時間をかけてゆっくりと流出させます。干ばつの多い地域で大きな助けとなります。

Crisis

生物多様性の喪失

科学者によると、生息地の喪失により、毎年約27000種の生命体が絶滅しているそうです。

危機は、昆虫のバイオマスが80%も減少してしまったところまで達しました。

生物多様性の喪失は、生息環境としての土壌をさらに悪化させ、土壌の再生を妨げます。

Crisis

気候変動

土に蓄えられる炭素の量は、生きている植物に蓄えられる3倍、大気にある2倍です。土は炭素の固定に不可欠です。

もし、世界の土壌が活性化されなければ、8500億トンの二酸化炭素が大気中に放出される可能性があります。これは、過去30年間に人類が排出した総量よりも多いのです。

Crisis

生計の損失

土壌の枯渇のために何千人もの農民が自殺しているのです。

世界的に、貧困の74%は土地の劣化の直接的な影響です。

土壌の死滅は、毎年10.6兆ドルもの損失を世界に与えていると推定されています。

Crisis

紛争と移民

人口増加と食糧・水不足により、2050年までに10億人以上の人々が他地域や他国へ移住を余儀なくされるでしょう。

1990年以降、アフリカで起きた大きな戦争や紛争の90%以上は、土地問題が大きく関わっています。

フランス革命からアラブの春まで、大規模抗議運動の原因には食料の値上げがあると言われてきました。

土壌:包括的な解決策

ほぼすべての主要な生態系の危機は、ある程度、あるいは何らかの形で、土壌の劣化の結果、あるいはその症状です。同様に、ほぼすべての環境または環境関連の問題は、健康な土壌を作ることによって対処することが可能です。    

なぜなら、生態系のどの側面も単独では機能しないからです。生命はひとつの複雑な現象であり、そのすべてが一体となって起きていることを意識しない限り、解決策は見つからないのです。多くの点で、土壌は生命が誕生するための基礎となるプラットフォームです。土を直せば、全体を直せる可能性が最も高くなります

Soil Revitalization - Global Policy Draft & Solutions Handbook

Read
policy

専門家の意見は?

Maria Helena Semedo

Deputy Director General
The Food & Agriculture Organization (FAO) of the United Nations

Ibrahim Thiaw

Executive Secretary, United Nations Convention to Combat Desertification (UNCCD)
Under-Secretary-General, United Nations

Ovais Sarmad

Deputy Executive Secretary of the United Nations Framework Convention on Climate Change (UNFCCC)

Dr. Rattan Lal

World Food Prize Awardee, 2020

Distinguished Professor of Soil Science, Ohio State University

Appointed by US President Biden to the Board for International Food and Agricultural Development

Jean-François Soussana

Nobel Laureate as Part of IPCC Team Soil Scientist & Vice Chairman National Research Institute for Agriculture, Food & Environment, France

Dr. Jo Handelsman

Former Science Advisor to President Barack Obama
Director of the Wisconsin Institute for Discovery at University of Wisconsin

Erik Solheim

Former UN Environment Executive Director and Under-Secretary-General of the United Nations

Stewart Maginnis

Deputy Director General, IUCN

Dr. Naoko Yamamoto

Assistant Director-General, World Health Organization

Manoj Juneja

Assistant Executive Director, World Food Programme (WFP)

Claire Chenu

Senior Soil Scientist, National Research Institute for Agriculture, Food and Environment (INRAE), France Professor, AgroParis Tech Institute

Patrizia Heidegger


Director for Global Policies & Sustainability, European Environmental Bureau

Dr. Muralee Thummarukudy

Director of the Coordination Office of the G20 Global Initiative on Reducing Land Degradation & Enhancing Conservation of Terrestrial Habitats

Paul Luu

Executive Secretary, 4 Per 1000 Initiative

Ronald Vargas

Secretary, Global Soil Partnership at UN FAO

Shamila Nair-Bedouelle

Assistant Director-General for Natural Sciences, UNESCO

Tim Christopherson

Head, Nature for Climate Branch, UN Environment Programme (UNEP)

Bishow Parajuli

Country Head, India , United Nations World Food Programme

Dr Johan Rockstrom

Director, Potsdam Institute for Climate Impact Research

Dr. Elaine Ingham

Soil Microbiologist

Dr. Joachim von Braun

Agricultural Scientist & President, Pontifical Academy of Sciences

Dr. Bala Subramaniam

Professor of Anesthesia, Harvard Medical School
Director, Sadhguru Center for a Conscious Planet at Beth Israel Deaconess Medical Center
Beth Israel Deaconess Medical Center, A Harvard teaching Hospital

Nadia Isler

Director of the SDG Lab in the Office of the Director-General of UN Office at Geneva (UNOG)

Dr. Iyad Abumoghli

Founder and Director, United Nations Environment Programme - Faith for Earth

Dr. Richard Cruse

Professor, Agronomy Department, Iowa State University
Director, Iowa Water Center

Tony Rinaudo

Principal Climate Advisor, World Vision Australia

Dr. Manuel Otero

Director General of Inter-American Institute for Cooperation on Agriculture (IICA)

AS Kiran Kumar

Space Scientist;
Former Chairman of the Indian Space Research Organization

Dr Vibha Dhawan

Director General, The Energy and Resources Institute

Commodore Amit Rastogi

Chairman and Managing Director, National Research Development Corporation

Dr. Daniel Rasse

Department Head, Biogeochemistry & Soil Quality
Norwegian Institute of Bioeconomy Research

Allain Bougrain

Environmentalist & President, French League for the Protection of Birds

Morag Gamble

Founder, Permaculture Education Institute

Dr. TV Ramachandran

Scientist & Coordinator at the Energy and Wetland Research Group, Centre for Ecological Sciences at Indian Institute of Sciences

H.E. Dr. Mohamed bin Mubarak Bin Daina

Special Envoy for Climate Affairs &
Chief Executive, Supreme Council for Environment, Bahrain

Dr. Saravanan Kandasami

Organic Farmer
Former Soil Scientist at Tamil Nadu Agricultural University

Prof. Ramesh Chand

Agricultural Economist & Member, NITI Aayog

Pravesh Sharma, IAS

Co-Founder and CEO at Kamatan Farm Tech Pvt Ltd

Sanjeev Sanyal

Member of the Economic Advisory Council to India’s Prime Minister
Author & Economist

Nikola Rahnev

Awardee, Green Person Award for 2020, Bulgaria
Founder, Gorata BG - the largest ecological organization in Bulgaria

T Vijay Kumar, IAS (Retd.)

Head of Natural Farming Program, Govt. Andhra Pradesh
Executive Vice-Chairman, Rythu Sadhikara Samstha (A Govt. Corporation for Farmers' Empowerment)

David Roggero

President of Aapresid (Argentine No-till Farmers Association)

ドキュメンタリー映画

大地に口づけ

ドキュメンタリー映画

大地に口づけ

再生

科学者の言葉?

S.O.S-私たちの土壌を救おう(Save Our Soil)?

土壌のマネジメント

インド宇宙研究機関

生物の多様性

世界全体では、240億トンの肥沃な土地と2万7千の生物種が毎年消失しています。

続きを読む

国連レポート:世界の農地は「極限」まで拡張されています

気候変動

世界の気候にストレスを与え、汚染を悪化させたこれまでの農耕と農業システムは、食料を供給するための持続可能な慣行に迅速に移行しなければなりません...

続きを読む

See all

これが大地だ

土の香りは
花の派手な香りよりもなぜか私には
優しい。

土壌に保たれている
生命の強さと感受性は
さまざまな種類の情熱の波を放ち

一人の人間ではなく
人類全体の情熱が
鈍化してしまった
土壌を豊かにする全てに対して
そして最後にはそのすべてを奪ってしまう

素足で地面を歩くとき、言葉では説明できないとても深い感情で
満たされる

ああ土壌、私の命。


サドグルによる詩

実現させましょう!

footerLogo

土壌

© 2022コンシャス・プラネット無断転用禁止

個人情報保護方針

利用規約